デザインファームトップ > 特集・建築家になる方法 > 建築の世界で「自分らしく」生きる方法

特集・建築家になる方法

連載コラム 建築の世界で「自分らしく」生きる方法

好きなことを仕事にする、そして自分らしく生きていくためには

建築家の仕事に就くためには、まず業界のことを知り、そして実務に必要な知識や技術を身につけることが必要です。
もちろん、身につけるべきことをきちんと習得すれば、それだけで意匠設計の世界へ転職することはできるでしょう。ただし、「意匠設計」と一言で言っても様々な設計事務所があり、設計する建物も様々、事務所のボスやスタッフも様々、働き方も千差万別です。

そんな中で「自分らしく活きいきと仕事をしていく」ためには、何を作り、何を選び、どうやって仕事をしていくのか、「自分」を知った上で進むべき道を決めていく事がとても重要です。

 

デザインファームでは、「建築の世界で、自分の強みを活かして生きていく」という目的から、マーケティングを活用した授業(キャリア戦略)を全クラスで行っています。

自分の強みを理解した上で、自分に最適な環境を選び、自分の力で人生を切り開いていく。
そうしてあなたが、「建築」という大きなものづくりを楽しみながら生きていけたなら、デザインファームがそのきっかけとなったなら、私たちにとってもこんなに嬉しいことはありません。

本コラムでは、授業でお伝えしている内容の一部を少しずつ紹介していきます。
キャリアだけでなく、あなたの今後の生き方を考える上で、少しでも手掛かりやヒントになれば幸いです。

-目次-

「マーケティング」がキャリア形成に役立つのはなぜ?

「マーケティング」というとおそらく多くの方が、販促活動や市場調査など「売るためのもの」といったイメージをお持ちかもしれません。
でも実はそれらはほんの一部でしかなく、マーケティングの本質は「自分にしかできない強みを活かし、社会に貢献する」という、人の「生き方」に直結するものでもあるんです。

建築に限りませんが、「ものづくりはアーティストの側面を持ったサービス業」とも言えます。
自分が創った「建築」を誰かに提供し喜んでもらう、そしてその人の喜びが自分の喜びでもあるとしたら、その活動を継続するために必要なのが「マーケティング」です。

就活や転職のときだけでなく、将来独立するときや集客など、また人生の様々な転機に、「自分が選ばれるためには?」という視点で考えられるように、自分で自分をプロデュースできるように、
自分にぴったりの相手(クライアント)、オンリーワンになれる世界を選択できるように、という観点でマーケティングの授業を組み立てています。

入学前に「キャリア戦略」の授業を体験できます!

デザインファームで毎月行なっている体験授業。
次回8月の体験授業では、この記事で紹介した内容を含む「キャリア戦略」の授業を体験していただけます。「本当に今から建築の道に進んでいい?」「自分にこの仕事はあっているのだろうか」そのヒントとなる考え方をワークショップ形式でご紹介する授業です。学校説明会とともにぜひご参加ください。
体験授業 27歳からはじめる

特集記事 建築家になる方法

学校説明会・体験授業

本校についてより詳しくお知りになりたい方は、ぜひ説明会や体験授業にご参加ください。

資料請求

学校パンフレットや募集要項、入学申込みに関する書類を無料でお届けします。