昼間部 建築設計スタジオ | デザインファーム | デザインファーム建築設計スタジオ

昼間部 建築設計スタジオ

デザインファームトップ > クラス紹介 > 昼間部 建築設計スタジオ

将来、建築家として独立する。

昼間部 建築設計スタジオは、建築意匠設計のプロを目指す初心者の方を対象としたクラスです。
建築には様々な分野がありますが、デザインファームでは「意匠設計者」として必要な内容に絞ったカリキュラムにすることで、設計事務所で必要とされる本格的な意匠設計力を短期間(2年間)で身につけることができます。
昼間部では、実務で必要な設計の技術・知識の他に、設計スタンスの構築やマーケティングの基礎など、将来独立することを意識して、より深く考えられるようなカリキュラムを設定しています。
卒業後はまず建築家のアトリエ事務所(※)へ就職し、さらにスタッフとして経験を積んだ後、建築家としての独立をめざします。

※アトリエ事務所・・・建築家の主宰する意匠(デザイン)に特化した設計事務所

昼間部の特徴

  • 実務能力
    アトリエで働く実務能力を身につける

    アトリエ事務所のスタッフとして必要な模型の製作技術、CADや手書きによる製図などの「技術」と「知識」を学びます。 模型はカッターの持ち方から、製図は線の描き方から丁寧に指導しますので、全くの初心者でも問題ありません。

  • 集中力と持続力
    集中力と持続力、コミュニケーション能力を身につける

    演習の授業では、建物の構想を練るところから、手描きとCADによる製図、模型の制作、プレゼンテーションまで、プロの建築家と同じ手順で建築設計の全工程を実践的に学びます。実際の設計業務では、ひとつの設計に対して突き詰めて検討する集中力と持続力が必要です。課題の中でも、とことん突き詰めて考えられるよう現役の建築家が直接指導します。

  • 個性に合わせた指導
    個性や一人一人の目標に合わせた指導

    設計の基礎段階の授業が終わった時点で、本人の希望や適正をふまえて〈建築コース〉と〈住宅コース〉に分かれ、ひとりひとりの個性や理解度、ペースに合わせて課題を進めます。少人数制なので、講師と学生の距離も近く、何でも相談し合える雰囲気が特徴です。

  • 設計スタンスの基礎
    設計スタンスの基礎を構築する

    昼間部では、特に将来独立することを意識した指導を行っています。一人の建築家として社会とどう向きあっていくか、設計スタンスを固めるための基礎的な考え方を大切に育てられるよう、一人ひとりの個性や考え方を大事に設計を進めます。

カリキュラム

  • 基本練習
    基本練習

    まずは、建築の基本的な図面の読み方、描き方、模型の作り方を学びます。 人間の自然な発想でものづくりをする、そのプロセスを体験してほしいという想いから、図面はあえて手描きでスタートします。また、自分の考えた空間を確認し、さらに良くするために模型をたくさん作ります。 模型は「立体」である建築を設計するための、最適で優秀な設計ツール。作ってはこわしまた作る、その課程そのものがとても楽しいんです。

  • 計画課題
    計画課題

    計画課題では、建物を実際に使う人の立場に立って考える事を大切にしています。「住宅設計とは」「美術館の設計とは」と決めつけるのではなく、そこで起こる出来事(コト)を把握することで建築全体を想像します。また、計画の授業は、作品の途中段階と最終段階でプレゼンテーションを行います。ここで、仲間や講師に自分の考えを発表し、他人の意見を聞きながら修正を加えていく作業を通して、デザインのコミュニケーション能力を高めていきます。

  • 技術課題
    技術課題

    技術課題とは、自分の考えた建築を実現するために必要な、技術的な手段(構造や法規、設備など)を学ぶ課題です。設計事務所のスタッフとして必要なものに絞り、就職後すぐに担当できるレベルの内容を身につけます。実務についても、調べてもわからない、調べ方すらわからないような重要なことを、ここでしっかりと学びます。プロとして、「モノ」レベルでも質の高い建築を作り出すための基礎を構築します。

  • 卒業設計
    卒業設計

    昼間部では、2年間の最後の計画課題として卒業設計に取り組みます。様々な課題を通して確立してきた建築に対する考えを、最終的に形で表現します。建築家として社会とどう繋がっていくか、どのような考えを持った建築家なのか、独立する際にはこの「建築家としてのスタンス」が重要な役割を果たします。このスタンスの基礎を固めるのが卒業設計です。卒業後はスタッフとして実務経験を積みながら、ここで築いたスタンスを育てていってください。

  • ポートフォリオ
    ポートフォリオ作成

    2年間を通して取り組んだ計画課題、技術課題を「自分の作品集」としてまとめます。 ポートフォリオは、アトリエ設計事務所への就職活動になくてはならない大事なツールです。 自分の考えた建物の魅力を伝えるというよりも、その建築を考えた自分自身を魅力的に伝えるにはどうしたらいいか、という視点で製作します。建築作品を通して「自分という人間を魅せる」ということ。これにより自信を持って就活に臨むことができます。