デザインファームトップ > 特集・建築家になる方法 > vol.1 建築業界のしくみ

特集・建築家になる方法

vol.1 建築業界のしくみ

   建築業界は「考える>設計」「作る>施工」「売る>販売」と大きく分けて3つの分野に分かれています。それぞれを専門に行っている企業もあれば、設計も施工も販売もやるという企業もあり混同してしまいがちです。全てを同じ会社で行っていたとしても、どの分野を中心に運営されているかで、同じ「設計職」でも仕事内容が全く違うということもあります。業界の仕組みをよく理解しておくことが将来を考えるためにもとても重要です。
今回の特集記事では、建築家になるための第一歩として、建築業界の仕組みと、その中での建築家の役割を解説していきます。

建築業界のしくみ

さらに“設計”といっても、そこには建物の強度や耐久性を算出・調整する「構造設計」、設備機器の選定や計算をする「設備設計」、 そして構造設計者や設備設計者の意見を取り入れ、建物を統括的にデザインする「意匠設計」の3つの分野があります。
その中でデザインファームが目指すのは、建物を統括的にデザインする意匠設計=建築設計のプロフェッショナル。世にいう“建築家”とは、この意匠設計者を指します。

設計の分野

“建築家”になるために、デザインファームでは、建物の構想スケッチ、スケール模型の作成、手作業およびCADによる製図など、プロの建築家の仕事と同じ手順で建築設計の全工程をシミュレート。 建築設計に必要な知識と感性の養成にすべての授業時間を使い、卒業と同時に設計実務に就ける技術的知識と、将来は建築家として自立できるだけの豊かな創造力を体得していきます。

建築とは人々の生活や人生のドラマをつくる、深奥で繊細、かつ大胆な創作活動。そして無から有を生み出すための手法は、建築家の数だけあります。 建築家を目指すあなたには、自分だけの感性や個性を磨き、自分なりのアプローチを見つけ出してほしい。 なぜならその違いこそが、あなたが創造あふれる建築家に成長していくための原動力となるからです。