デザインファームトップ > ブログ・建築家への道 > 昼間部1年生 2回目の設計課題

昼間部1年生 2回目の設計課題

L1050995

 

初めての発表から約1か月、2回目の設計課題を取り組んできました。

本日はその発表です。

『2階建て木造住宅 甘栗小太郎邸』
この課題は、大枠の平面プランが既に決まっています。
では、何を設計するのか?何が目的なのか?

 

今回は、各部屋の細かいレイアウト、窓・出入り口の開口部を決め、家具の配置を考えていく課題です。

諸所の寸法の知識、スケールの感覚を養い、機能性を考えたすなわち 「ちゃんと暮らせる家」 を設計

すること。造形的な工夫は、まだできません。

L1050987 L1050988
でも、同じプランのはずなのに、不思議と皆全く違う家になってくるのです。

開口部の開け方一つで変わってきます。

例えば、リビングにおいて、庭に出るための開口部なのか、眺めるためのものなのか。

そうすると、ソファは庭に向くのか?では、テレビはどこに置こう?・・・と色々考えられますよね。

部屋を広く使う、細かく分ける、作り付け家具なのか移動できる家具なのか。

ひとつひとつを丁寧にきちんと考えることは、この先の自由に設計していく上でとても大切です。

 

今回は、2年生にも発表を見学してもらいました。先輩にみられると、だいぶ緊張が増しますね・・・

前回同様、用意するものは平面図、断面図、立面図、完成模型です。

自分の作品を人に伝えるために、図面に色や、記号などを使って説明している人もいますね。

イメージしていることがわかりやくとてもいいですね。

自分が考えていることを、どのように相手に伝えるのか。ということも、一緒に考えていきましょう。

今回で、基本練習はおしまい。 

さて、次回はいよいよ自由に設計ができます。

皆さん一人一人の世界観がみられるでしょうか。

楽しみですね!

特集記事 建築家になる方法

学校説明会・体験授業

本校についてより詳しくお知りになりたい方は、ぜひ説明会や体験授業にご参加ください。

資料請求

学校パンフレットや募集要項、入学申込みに関する書類を無料でお届けします。