デザインファームトップ > ブログ・建築家への道 > 中野の新旧市街

中野の新旧市街

こんにちは!
温かくて気持ちの良い気候になってきましたね。
デザインファームは春休み中。スタッフ一同で、新入生を迎える準備を整えています。

さて今日は、新学期がはじまる前に、デザインファームのある「中野」の街を少し紹介しようと思います。

JR中野駅。
新宿から中央線で1駅です。とても便の良い場所にあります。

a0092994_12212060.jpg

桜が綺麗に咲いていますね。
ここは「中野通り」という大通りで、毎年春にすばらしい桜並木をみることができます。
ちなみに、桜を見上げているのは校長のマキノ先生とシルベストリ彩子先生。
実はこの「中野通り」を境に、東と西で景色が全く違うのが、中野のおもしろいところなんです。

まずは、再開発が進む東のエリア。

a0092994_12213898.jpg

東京とは思えないくらいの広い歩道です。
こちらのエリアには、大学のキャンパスやオフィスビルなどの高層ビルを建設中だそうで、日に日に景色が変わっていきます。
大学やオフィスができることで、お弁当屋さんや飲食店も充実するのでは・・・?
なんて期待も高まります。

さて、ではデザインファームがある西側はどうなっているのでしょう。

a0092994_12215268.jpg

なんだか別の街に来たみたいですよね。
東が「新市街」ならば、西が「旧市街」。そんな表現がぴったりだと思います。
小さな路地にたくさんの飲食店が並んでいて、とてもにぎやかです。
授業のあとは、先生やクラスメイト達とこの辺りで呑みながら、建築やそれ以外のたくさんのことをを語ったりするのも楽しいですよ。

新入生のみなさん、入学したらぜひ中野の街を体験してみてくださいね。

特集記事 建築家になる方法