デザインファームトップ > ブログ・建築家への道 > 建築設計の、「キホンのキ」って?

建築設計の、「キホンのキ」って?

a0092994_1434283.jpg

先日、2014年8月17日(日) に体験授業 「建築設計キホンのキ」 が行われました。

この数年、夏の恒例体験授業になりつつありますが、今年も暑い中、たくさんの方が授業を見に来てくれました。

建築に興味ある人が、建築を勉強しようと思ってまずすることは何でしょう?

建築家の名前を覚える?図面の描き方を覚える?難しい建築書を読む?

いったん 「勉強」 が始まると 「自分の知らない部分を知識で埋めていく」 作業に、

夢中になってしまいがちですが、本当にしなくてはいけないのは 「自分が気持ちいい」 と感じることです。

授業ではそんな 「気持ちいい」 を窓をヒントに考えていきました。

まずは、建物のスケール感をつかんでもらいます。意外と大きい、とか、小さいとか。

それから、もう少し窓を詳しく見ていきます。素材とか位置とか、光とか。

a0092994_14341094.jpg

「気持ちいい」 って感じることは、簡単さ!と言われるかもしれませんが、

その 「気持ちいい」 を 「なぜ気持ちいいのか」 と考えてみると、

設計するときのヒントがたくさん隠れています。

おそらく、プロの建築家たちもいつでもこの「気持ちいい」を探しているはずです!

建築をこれから勉強してみたい人、特に、デザインファームで勉強したい人は、

この 「なんか気持ちいい」 という体験をたくさんしてほしいと思います。

これこそが建築設計キホンのキ。きっと、課題を進めるうえでとっても役に立つと思いますよ!

(シルベストリ彩子)

特集記事 建築家になる方法

学校説明会・体験授業

本校についてより詳しくお知りになりたい方は、ぜひ説明会や体験授業にご参加ください。

資料請求

学校パンフレットや募集要項、入学申込みに関する書類を無料でお届けします。