デザインファームトップ > 就職実績 > 卒業生インタビュー > 柿﨑 雄己 さん

デザインファーム卒業生 柿﨑 雄己さん

卒業生インタビュー

柿﨑 雄己 さん

柿﨑雄己建築設計事務所 主宰
クラス:昼間部 建築設計スタジオ
入学時年齢:30歳
入学前:工務店勤務(設計/現場監理)

昼間部を卒業後、設計事務所勤務を経て独立された柿﨑さんにお話を伺いました。

【デザインファーム(以下、DF)】
現在はどのようなお仕事をされていますか?

【柿﨑さん(以下、柿﨑)】
半年ほど前に設計事務所を立ち上げて、現在は地元の秋田を中心に、宮城、東京と3つの拠点で仕事をしています。出身が秋田ということもあり、秋田で仕事の依頼をいただくことが多いですね。住宅以外にも、農機具の格納庫を設計して欲しいとか、秋田ならではの依頼もあったりしておもしろいです。

【DF】
独立して半年で、すでに3拠点で活動されているのですね!

【柿﨑】
宮城や東京では、元々付き合いのある工務店と一緒に仕事をしているというのもあり、このようなスタイルになっています。事務所を立ち上げたばかりなので、今は実績を増やすという事を主に考えながら動いているところです。

あとは、東京に行くと様々な刺激を得られるので、月に1度は出向くようにしているというのもあります。建築を見に行ったり、建築家の仲間と情報交換をしたり。秋田にいると建築家同士で話す機会も少ないので。

【DF】
仕事をしながら色々な場所に赴いて活動しているのですね。
デザインファームで知り合った仲間と交流することもあるのでしょうか。

【柿﨑】
そうですね。東京で情報交換する建築家仲間というのもデザインファームで知り合った方達ですし、当時のクラスメイトともよく連絡をとったり集まったりしています。デザインファームに行っていなかったら、今のように意匠設計の世界で仲間を作るのは難しかったかもしれないですね。

【DF】
卒業後もデザインファームでの繋がりを大切にしていただき、私たちも嬉しいです。

【柿﨑】
デザインファームで、建築を語れる仲間ができたことは本当に大きかったです。当時も、学校で建築の本を見ながらみんなで意見を言い合ったりするのが楽しかった思い出があります。人によって色々な意見があるのが面白いですよね。在学時は、自分の所属していたクラス以外の合宿にも参加したりして、いろんな人の話を聞くようにしていました。

【DF】
在学時から積極的に行動していたことが、今に繋がっているのですね。
他に、在学時に意識していたことなどはありますか?

【柿﨑】
入学前は工務店で設計業務や現場監理をしていて建築士の資格もすでに持っていたので、学校では実務的なことよりも、「自分はどんなものが好きなのか」を見つけようとしていました。いろいろな建築を見て、体験して、自分はこういう空間が好き、居心地が良い、というのを積極的に知ろうとしていましたね。

【DF】
元々建築関係のお仕事をされていたとのことですが、仕事をしている中で、さらに学びたいという気持ちになったのでしょうか。

【柿﨑】
そうですね。工務店で設計している時は「自分はどんな設計をしたいのか」と悩んでいました。正直、自分の設計しているものがあまり好きではない事もありましたし、納得のいく設計ができていなかった。それで、もう少しいろいろな世界を見てみようということでデザインファームに入る事を決めました。

建築家の名前をほとんど知らない状態からの始まりでしたが、そんな人でも、私のようにこうして楽しんでやっていける世界だと思います。

【DF】
建築士資格もお持ちだったということで、入学当初から卒業後の明確な目標やビジョンもあったのでしょうか?

【柿﨑】
実務をやっていたとはいえ、デザインの世界では経験がなく、最初は「設計事務所って何?」という状態だったので、まずはそこを知りたいなという思いでした。最初から明確なビジョンがあったわけではなくて、学校で学んだり、オープンデスクで実際に事務所の仕事を見たり手伝ったり、業界のことを知っていく中で道が見えてきたという感じです。

建築家の名前をほとんど知らない状態からの始まりでしたが、そんな人でも、私のようにこうして楽しんでやっていける世界だと思います。

【DF】
建築業界で経験のある方も、意匠の世界を見てみる事で柿﨑さんのように新たな可能性を発見できるかもしれないですね。
それでは最後に、柿崎さんの建築家としての今後の目標を教えてください!

【柿﨑】
秋田で、雪国仕様のモデルというのを作れたら良いなと思っています。
雪の重さや寒さに耐えられるように作らなければいけないのはもちろんなのですが、雪を好きになるような家を作りたいなと。
雪国の人は常に雪と戦っているので雪に対してのマイナスイメージが大きいんですよね。
でも一方で、半年以上雪に埋もれるような場所なので、そんな風に思いながら暮らすのはもったいない。家を通じて少しでも雪を好きになって、「雪国で暮らせてよかった」と思ってもらえる家を設計したいです。
そして、その集大成として秋田で暮らす家族のための家を建てるのが目標です。

特集記事 建築家になる方法

学校説明会・体験授業

本校についてより詳しくお知りになりたい方は、ぜひ説明会や体験授業にご参加ください。

資料請求

学校パンフレットや募集要項、入学申込みに関する書類を無料でお届けします。