デザインファームトップ > 就職実績 > 卒業生インタビュー > 峯松 彬 さん

デザインファーム卒業生 峯松 彬さん

卒業生インタビュー

峯松 彬 さん

就職先:武藤圭太郎建築設計事務所
クラス:土曜部 建築設計スタジオ
入学時年齢:30歳
入学前:会社員(営業職)

岐阜県を中心に設計活動をされている「武藤圭太郎建築設計事務所」にお勤めの峯松さんにお話を伺いました。

【デザインファーム(以下、DF)】
現在はどのようなお仕事をされていますか?

【峯松さん(以下、峯松)】
担当している物件の現場やお施主様との打ち合わせに同行して、変更になった部分を図面に落とし込んだり、確認申請の手続きをしたりしています。
まだ就職して1年半くらいなので、入って最初にやるような仕事が多いですね。分からないこともまだまだ多いですが、初めて担当した物件がもうすぐ完成するので、それは楽しみです。

【DF】
設計事務所でのお仕事で、楽しいところ、大変だと感じるところがあれば教えてください。

【峯松】
仕事は全般的に楽しいです。図面を描くのも、模型を作るのも、現場に行くのも楽しいですね。ただ、マニュアルがない世界なので、とにかく調べるのに時間がかかります。学校ではもちろん基本的なところは教えてもらえるのですが、現場を見ないと理解できないところもあり、そこが大変なところです。

【DF】
事務所の実績を拝見すると、住宅や店舗など手掛ける案件のカテゴリーも幅広そうですね。

【峯松】
そうですね。住宅の設計が基本的には多いですが、他にもいろいろな仕事があります。私が今担当しているのはオフィスの改修です。
構造も、木造の他に鉄骨造やRC(鉄筋コンクリート造)、それらをハイブリッドしたものなど、デザインに合わせて使い分けています。タイミングの関係で、木造の新築住宅はまだ担当したことがないのですが、もうすぐ始まりそうなのでそれも楽しみですね。

【DF】
覚えなければいけないことも多そうですが、その分たくさんの経験が積めそうですね!
岐阜県を中心に作品を手掛けている事務所とのことですが、どのようなきっかけでお勤めになったのですか?

【峯松】
就職先を探すためにいろいろな建築雑誌を見ていて、今の事務所の作品が気になったので直接オープンデスクに行かせてもらえないかお願いしたのがきっかけです。
広い敷地でのびのびした設計をしてみたかったので、首都圏での就職は最初から考えていなかったというのもあり、デザインファームを卒業してそのまま就職して岐阜に越してきました。

【DF】
広々とした敷地での設計は気持ちが良さそうですね。
雑誌でご覧になった物件に、実際に訪れたこともあるのでしょうか?

【峯松】
就活の時に雑誌で見ていた住宅にも実際にお邪魔したことがあるのですが、とても気持ちの良い住宅でした。どの物件も、シンプルで細部まで綺麗に納まっているのですが、実際に仕事をしてみると、その美しさを実現するために詳細までしっかり詰めて考えられていることがよくわかります。

「建築」と「教育」というところで、地元の活性化や子どもたちの選択肢を増やすきっかけができたら良いなと思っています。

【DF】
細かいところまでストイックにデザインするのも建築家の仕事ですね。
ところで、峯松さんは建築の仕事に就く前はどのようなお仕事をされていたのでしょうか。

【峯松】
企業で営業職に就いていました。

【DF】
建築とは別のお仕事をされていたのですね。そこから今に至るまでは、どのような変化があったのでしょうか。

【峯松】
もともと、将来は地元の広島に帰って何かしたいという思いがありました。営業の仕事は楽しかったのですが、このままでは地元に帰っても何もできないと感じていて、どうしていくか考えていたというのが始まりです。

実家が学習塾を営んでいるということもあり、教育関係に一番興味があったのと、加えて、教育をしていく中で「衣食住」の大切さを感じていたので、その中で特に自分の興味が大きい「住」の部分をうまく合わせていけないかなということで建築を学んでみることにしました。建築の世界については知識がなかったので、どんなものかというのを知るためにデザインファームに入学したという感じです。

実際に学んで業界のことを知る中で、この方向で問題なさそうだなということを感じたので、設計事務所でさらに実務を経験する準備を始めました。それが1年生の終わりくらいですね。2年生の途中で会社を辞めて、学校に通いながらオープンデスクにも行ったりしました。

【DF】
建築だけでなく、教育という視点を持って今も経験を積まれているのですね。

【峯松】
(私の)田舎では建築や住宅に興味を持っている人が少ないし、知識もあまりない人が多いので、建築と教育というところで、地元の活性化や子どもたちの選択肢を増やすきっかけができたら良いなと思っています。

【DF】
ぜひ地元に帰ってからも、建築設計の楽しさや素敵な空間で過ごすことの素晴らしさを伝えていっていただきたいです!
ちなみに、在学中はお仕事との両立も大変だったのではないかと思いますが、どのように過ごしていましたか?

【峯松】
仕事と学校の両立は大変でしたが、時間の融通がきく仕事だったし、残業もなかったので、自分で時間を作って課題は進めていました。それでも発表前は徹夜で模型を作ったりする時もありましたね(笑)
でもデザインファームの授業は「建築の楽しさ」が伝わるような内容だったので、単純に学校は楽しかったです。建築の楽しい部分をしっかり知ることができたと思います。

特集記事 建築家になる方法

学校説明会・体験授業

本校についてより詳しくお知りになりたい方は、ぜひ説明会や体験授業にご参加ください。

資料請求

学校パンフレットや募集要項、入学申込みに関する書類を無料でお届けします。