卒業生インタビューvol.31 岩﨑 祐二さん | デザインファーム | デザインファーム建築設計スタジオ

デザインファームトップ > 就職実績 > 卒業生インタビュー > 卒業生インタビューvol.31 岩﨑 祐二さん

デザインファーム卒業生 岩﨑 祐二さん

卒業生インタビュー vol.31

岩﨑 祐二さん(30歳)
昼間部建築設計スタジオ卒業
勤務先:彦根建築設計事務所
入学前:職人

彦根建築設計事務所に勤める岩﨑さんにお話を伺いました。

【デザインファーム(以下、DF)】
現在はどんなお仕事をされていますか?

【岩﨑さん(以下、岩﨑)】
オープンデスクからアルバイトを経て、正式採用になったところです。
展開図を描いたり、模型を作ったり、その他様々な雑用もこなしています。
採用って聞いたときは、正直泣きそうになりました。嬉しすぎて、やばっ!って・・・
「君の情熱を買った。」と言ってもらえたので、頑張ります。

【DF】
建築家になろうと思ったきっかけは?

【岩﨑】
小さい頃から建築の設計をやりたかった。
折り込み広告のチラシにある間取りを見ては、「自分ならこうするな」とか考えるのが好きで。でも職人の仕事をしていた頃は、世界が全然違うから自分には無理だろうと思っていました。
それでもどうしても設計をやりたくて学校を探したら、どこの専門学校でも学歴が必要だと言われてしまって。
デザインファームの説明会に来て、「オレ、学歴ないんすよ。」って先生に相談したら、「いや、関係ないよ。君がやりたければやればいい。」って先生が言ってくれたんです。自分にとって、デザインファームが頼みの綱でした。地元に帰ってそのことを周囲に話したら、みんなから「それは騙されてる。」と言われました。(笑)みんなにデザインファームのパンフレットをみせて、「この学校に行って建築を勉強して設計事務所で働く!」と宣言して上京したんです。絶対にやってやる!という気持ちでした。

【DF】
デザインファームでの2年間を振り返って どのような日々でしたか?

【岩﨑】
課題をこなしていくごとに、もっとやりたいとどんどん欲が出てきました。
この前の課題ではここまでできたから、次はもっとこのあたりまでやりたいと。
クラスメイトの作品をお互いに見て、「いいよね、これ」と共感しあえることで成長したと思います。
1年のときでさえ、課題の提出とバイトでパツパツだったのに、2年になったら課題そのものが大きくなって難しくなって、正直できるかな?続くかな?と不安だったこともあります。
自分のやろうとしていることが、もしかして独りよがりなのでは?と考えることもありました。 特に卒業制作で悩んでいるときは、卒業した先輩にも相談しました。そして何人もの先輩がそれに応えてくれました。バイトとの両立とか本当に大変だったけど、頑張って良かった!と今は思います。
こなせた!やり遂げた!ということが、自分の糧になっています。

【DF】
プロとしての今後の目標は?

【岩﨑】
いつか独立したいという永遠の夢、目標があります。そして、祖母の家を建てたい、と思っています。
昔、少しやんちゃしてた時期があって、祖母には心配をかけたり頭を下げさせたり・・・それでもずっと自分を応援してくれた、その祖母の家を建て直してあげたい、恩返しをしたいと思っています。

【DF】
最後に後輩たちにメッセージをお願いします!

【岩﨑】
自分にはムリかなって思っていた時期もありましたが、「やればできる!あきらめない!何でもやれば、どうにかなる!」ということですね。
あきらめずにやってほしいと思います

2010年2月取材