デザインファーム > 卒業生の声 > 奥脇 多佳幸

奥脇 多佳幸さん

大工から設計事務所へ転職

奥脇 多佳幸さん

入学前:大工
30歳で土曜部入学
勤務先:有限会社ラスティック建築研究所

山梨で木造住宅の大工をしながらデザインファーム土曜部に入学。 在学中にラスティック建築研究所に転職し、木造住宅を中心に 設計に携わる。

「人ありきで設計するのが建築なんだってことに気づかされました。」

現在のお仕事は?
現在の事務所では
木造住宅を中心に計画から各種申請、実施設計、現場監理に至まで一貫して行います。
個人の業務としては、現在、監理が1件、実施設計を3件担当させていただいています。
時折、計画から携わることもあります。
建築家になろうと思ったきっかけは?
昔からものづくりが好きで、そのなかでも、大工さんに憧れていたんです。
デザインファームに入る前は、大工としてハウスメーカーの仕事を中心に
住宅作りに携わってきました。
しかし、ハウスメーカーなどでは、規格化された住宅が多く
どこか違和感を感じるようになりました。
効率や費用のことはすごく良く考えられていて勉強になったのですけど。
特に建築家に強い憧れはなかったのですが、建築家と呼ばれる方々の住宅作品を見ては、不思議と、胸ときめかせることも多く、普段携わっていた住宅との大きく違うことを感じました。
それで、自分も規格化された住宅をつくるより一つしかない住宅を創りあげたいと思うようになり現在の道に入りました。
デザインファームで学んだことは?
一番は、「設計をする」という事を学びました。
それまでは、建築という形ありきのものに人が組み込まれているという考え方だったけどここにきて、人ありきで設計するのが建築なんだってことに気づかされました。
そうゆう組み立て方だったんだって。
この考え方はこれから独立して自分で設計するときにも大事にしていきたいです。
二つ目にやっていてよかったと感じたのは、なんといっても技術的なことですね。法規とか日影、天空率なんて就職してすぐに試される機会があって、やっててよかったと思いましたよ。
ここまで要点絞って教えているところってなかなかないんじゃないかな。
そこさえ知っていれば、というコツを学べました。
プロとしての今後の目標は?
将来的には独立するのが目標です。
設計事務所という枠をはずれても住宅創りをやっていきたい。
今まで施行側で得た経験も活かして自分にしかできない家作りのプロセスを生み出して完成させていきたいです。
最後に後輩たちに一言。
とにかく、やりたかったらやるしかないです。
建築やりたくてこの学校に通っているんですから。
デザインファームで教わっている以上、自信をもってやっていっていいと思います。
自分で決めたことだから、卒業して就職するまではやり続けてください。
2012年12月取材