卒業生インタビューvol.9 高井 寿子さん | デザインファーム | デザインファーム建築設計スタジオ

デザインファームトップ > 就職実績 > 卒業生インタビュー > 卒業生インタビューvol.9 高井 寿子さん

デザインファーム卒業生 高井 寿子さん

卒業生インタビュー vol.9

高井 寿子さん
昼間部建築設計スタジオ卒業
勤務先:手嶋保建築事務所
入学前:会社員/dd>

手嶋保建築事務所<にお勤めの高井さんにお話を伺いました。

【デザインファーム(以下、DF)】
現在はどんなお仕事をされていますか?

【高井さん(以下、高井)】
今の設計事務所で働いて5年目になります。仕事は設計補助です。
毎晩終電になるような仕事のやり方はしていないので、働きやすいです。

【DF】
建築家になろうと思ったきっかけを教えてください。

【高井】
父が設計事務所をかまえていたので、その影響がとても大きいと思います。実は、高校を卒業したときに一度、建築を勉強してみたいと思って、デザインファームのパンフレットを取り寄せたことがありました。でもそのときは、大学へ進学することを選び、その後、設計とは関係ない仕事につきました。けれど、仕事をしているときに「やっぱり建築の勉強をして、設計の仕事がしてみたい」と思ったんです。その時は、あまり迷わずにこの学校に決めました。

【DF】
デザインファームではどのようなことを学びましたか?

【高井】
いろいろな年齢の人たちと一緒に学べたことがよかったです。いっしょに旅行にでかけて建築を見たり、模型を一緒に作ったり、共同設計もとても勉強になりました。それから自分たちで卒業設計展をやったこともよかったです。卒業設計展は先生にやってもらうのではなく、自分たちで計画して開催したことがよかったんだと思います。仲間に出会えたことで学んだことがたくさんあったように思います。

【DF】
プロとしての今後の目標は?

【高井】
いつかは独立して設計をやってみたいな、と思いますが・・・今すぐではないですね。

【DF】
最後に、後輩たちにメッセージをお願いします!

【高井】
まじめにやること。法規の授業はそのときわからなくても、実務では非常に役立ちます。それから、技術課題の図面はしっかり描くこと。事務所に入ってから、自分で描いた矩形図はよく見ました。学生のときはよくわからずに描いていましたが、事務所に入りたての頃は標準図としてよく参考にしていました。

2010年1月取材