卒業生インタビューvol.10 吉井 直美さん | デザインファーム | デザインファーム建築設計スタジオ

デザインファーム卒業生 吉井 直美さん

卒業生インタビュー vol.10

吉井 直美さん
土曜部建築設計スタジオ卒業
勤務先:株式会社 倉田裕之建築/計画事務所
入学前:CADオペレーター

株式会社 倉田裕之建築/計画事務所にお勤めの吉井さんにお話を伺いました。

【デザインファーム(以下、DF)】
現在はどんなお仕事をされていますか?

【吉井さん(以下、吉井)】
建築設計補助と所長が家具デザインも手がけているので、そのお手伝いもしています。
去年の6月に入所したので、まだ1年経っていません。

【DF】
建築家になろうと思ったきっかけを教えてください。

【吉井】
小さい頃からものを作ることに興味がありました。父が建築設計をやっていたし、親戚も建築関係の人が多く、そういう血統なのかもしれません。大学では空間デザインを専攻していました。インテリアを勉強していると、自然と建築に目が向くようになり、空間のもとになる建築物の存在意義の大きさと機能とデザインの調和に魅かれ、卒業後は建築関係の仕事を探し、CADオペレーターとして働いていましたが、どうすれば設計事務所で働けるのか行き詰っていたところ、デザインファームの存在を知りました。説明会でマキノ先生の話を聞くと、自分が求めているのはこういうことなんだと、俄然やる気が出て、すぐに勉強を始めることを決意しました。

【DF】
デザインファームではどのようなことを学びましたか?

【吉井】
建築をやりたいなという気持ちがさらに盛り上がったことです。学生の間は、建築を考えることが楽しかったし、作品を作ることが楽しかったです。設計課題をポートフォリオにまとめることも、一人では出来なかったので、とてもよかったです。

【DF】
学校と仕事を両立させる秘訣を教えてください。

【吉井】
課題に夢中になること。設計の仕事を始める時も同じだと思うのですが、自分が好きなことをやっているということを常に自覚していることだと思います。

【DF】
プロとしての今後の目標は?

【吉井】
今は、アシスタントなので、担当物件を持つことが目標です。

【DF】
最後に、後輩たちにメッセージをお願いします!

【吉井】
所長というのは新人には多くをもとめているわけではないので、臆せずにどんどんトライしてみてください。タイミングとか相性とか、事務所の仕事にはいろいろな要素が絡まってくるので、いい出会いを見つけてほしいと思います。

2010年2月取材