卒業生インタビューvol.12 鈴木 圭介さん | デザインファーム | デザインファーム建築設計スタジオ

デザインファームトップ > 就職実績 > 卒業生インタビュー > 卒業生インタビューvol.12 鈴木 圭介さん

デザインファーム卒業生 鈴木 圭介さん

卒業生インタビュー vol.12

鈴木 圭介さん
昼間部建築設計スタジオ卒業
勤務先:川辺直哉建築設計事務所
入学前:会社員/dd>

川辺直哉建築設計事務所にお勤めの鈴木さんにお話を伺いました。

【デザインファーム(以下、DF)】
現在はどんなお仕事をされていますか?

【鈴木さん(以下、鈴木)】
昨年3月に卒業し、5月から設計事務所で働いています。現在の担当物件は3つです。個人住宅(地下1階 地上2階 木造)、店舗(地上2階 木造)、共同住宅(地下1階 地上3階 RC造)。個人住宅は、事務所に入ってすぐに担当した物件で、すでに着工していて、躯体工事の段階です。結構忙しい毎日です。

【DF】
建築家になろうと思ったきっかけを教えてください。

【鈴木】
大学生のころは卒業して会社員になることが当たり前だと思っていたので、デザインファームに来る前には普通にスーツを着てサラリーマンとして働いていました。ただ、働き始めて1年過ぎた頃から「あれ、違うな?」と感じ始めました。やりたいことをやったほうが面白いんじゃないか、と思ったんです。学校でも行こうかな、と。だったら建築を勉強しよう、と。昔から、何も知らないけれど建築は好きだったんです。本当は大学も建築学科に進みたかったし・・・自分の中で建築は花形だった。だから、会社を辞めて何か自分が好きなことをやってみよう、と思ったとき、「だったら建築をやろう」と思ったんです。

【DF】
デザインファームではどのようなことを学びましたか?

【鈴木】
学生時代に一通りの図面を描いていたので、事務所に入ってからも、すぐに図面を描くことができ、自然に仕事に入っていけたと思います。

【DF】
プロとしての今後の目標は?

【鈴木】
今は担当の物件を無事にこなしていきたいという思いが大きくて、あまり先のことは考えられません・・・。でも、次の担当物件では、プロジェクトの基本設計にかかわってみたいと思います。

【DF】
最後に、後輩たちにメッセージをお願いします!

【鈴木】
「向き、不向きよりも、やる気。」
就職や仕事についていろいろ考えるかもしれないけれど、とにかく「やる気」が大切だと思います。

2010年1月取材