卒業生インタビューvol.28 高橋 彩さん | デザインファーム | デザインファーム建築設計スタジオ

デザインファームトップ > 就職実績 > 卒業生インタビュー > 卒業生インタビューvol.28 高橋 彩さん

デザインファーム卒業生 高橋 彩さん

卒業生インタビュー vol.28

高橋 彩さん
土曜部建築設計スタジオ卒業
勤務先:佐野建築設計
入学前:会社員

佐野建築設計に勤める高橋さんにお話を伺いました。

【デザインファーム(以下、DF)】
現在はどんなお仕事をされていますか?

【高橋さん(以下、高橋)】
住宅設計の平面、立面、断面図、展開図などを描いています。まだ、基本設計のエスキースはできないのですが、細かい部分では任せてもらえるので、とても楽しんで仕事をしています。

【DF】
建築家になろうと思ったきっかけは?

【高橋】
大学進学を期に一人暮らしを始め、頻繁に部屋の模様替えをするうちに住空間に興味を持ったことと、幼少時代に実家を新築する過程を見てワクワクした記憶が潜在的にあったことが建築を目指すきっかけになったと思います。

【DF】
デザインファームではどんなことを学びましたか?

【高橋】
デザインファームに入学するまでは、建築の知識は一つもなかったので、実務に関することを一通り学べました。授業の時にはすべてを吸収できていなくても、実際に仕事をする際に、これ授業で教わったなということが多々有り、仕事もスムーズに覚えられます。

【DF】
仕事と勉強の両立についてはどう感じていましたか?

【高橋】
大学1年生のころには建築をやってみたいと思っていました。でも、進んだ学科はまったく違ったので、就職も他の分野でした。26歳でやっとデザインファームにきて設計の勉強ができるようになったのですが、長年やりたいと思っていた事がやっとかなったので、設計課題は楽しくて楽しくてたまりませんでした。それこそ、仕事の間でもエスキースの事が頭から離れなかったほどです。なので、特に両立することを難しいと感じたことはありません。

【DF】
就職活動はどのように行いましたか?

【高橋】
最初は自分が好きな作品を作っている建築家の事務所を探していました。けれど、そんな事をしているうちに、就職するというのは、自分の家を作ってもらう分けではないのだな、ということに気づきました。なので建築家の作風よりも、自分が気持ちよく、長く勤めるために、ボスとの相性、事務所の雰囲気、スタッフの様子などを重視してオープンデスクにいくようにしました。

【DF】
結婚と建築の仕事の両立に関してはどのように考えていますか?

【高橋】
結婚していても転職する際には特に問題にはならないと思います。ただ、結婚相手が「理解してくれる人」が一番大切かもしれません。

【DF】
プロとしての今後の目標を教えてください。

【高橋】
ゆくゆくは主人を養えるぐらい稼ぎたいです

【DF】
最後に後輩たちにメッセージをお願いします!

【高橋】
就職活動中は不安が多いと思いますが、建築の仕事に就きたいという強い思いがあれば必ず就職できると思います。

2013年12月取材