プロのための「意匠設計」講座

  • 設計に自信が持てるようになった!
  • 諦めていたアトリエへ転職できた!
  • 自分も施主も満足する設計ができるようになった!
  • デザイン力を身につけて受注が増えた!

卒業生が振り返る「デザインファームラボ」

現場関係の仕事から意匠設計一本へ

建築設計事務所RENGE 主宰

工藤 健志TAKESHI KUDO

設計事務所立ち上げ当初は、現場監理や積算といった現場よりの仕事が多かったのですが、デザインファームラボを受講してからは新築のお話をいただくようになり、自分でも仕事を意匠に絞るように努めてきました。受講前は意匠設計にそれほど興味があったわけではなかったのですが、この講座に通って先生やクラスメイトとやりとりしていくうちに自分の意識がどんどん変わって、建築設計が楽しいと思えるようになったことは、大きな変化だったと思います。

デザイン力のある工務店として差別化に成功

株式会社前田工務店 代表

前田 哲郎TETSUO MAEDA

もともとリフォーム業を営んでいましたが、新築のお話をいただいたのをきっかけにもう一度きちんと建築を学ぼう、とデザインファームラボを受講しました。建築の骨格を学ぶつもりで受講したのですが、意匠設計というものの面白さ、楽しさ、視点を学ぶことができ、先生方の後押しもあり意匠設計を主体とした工務店へと会社の方針を転換しました。今では社内に設計・施工・積算と3つのチームをつくり、スタッフと共に「居心地の良い家」をお客様へ提供できるよう日々邁進しています。

こんな方にオススメです

  • 建築士の資格は持っているけれど、自分の設計に自信がない。
  • 「良い設計」がしたいが意匠の勉強の仕方がわからない。
  • 意匠設計に力を入れている事務所へ転職したい。
  • 独立後、どうやって仕事を増やしていくか知りたい。
  • 他社と差別化して受注件数を増やしたい。
  • 設計事務所や工務店の将来が不安。とにかく現状をなんとかしたい。

意匠設計力をアップさせるには・・・

意匠の「視点」を養う

立体で検討し続ける

自分の強みを見つけ伸ばす

なぜ一級建築士を取得しても、意匠設計に自信が持てないの?

建築設計には「エンジニア」と「デザイナー」の2つの側面があります。日本の建築士資格は「エンジニア」としての側面が強く、「デザイン(意匠)」の部分にはほとんど触れずとも資格を取得することができてしまいます。意匠のスキルは、独学や経験値によってまかなわれているのが現状です。普段から意匠の現場に携わっていない限り、資格を取得しても設計に自信が持てないのは仕方のないことなのです。

意匠設計で自信を持つためには、自分が本当に良いと思う設計を経験することが大事です。そのためには、「自分は何がしたいのか」「自分の好きな空間・暮らしとは何なのか」をしっかり考え受け止めることが第一。その上で、普段から「質の良い設計」「質の良い空間」に触れて、意匠設計の「視点」を養うことが大切です。そして、その視点を持って常に立体で考え検討し続けることで、思い描いた空間を形にできるようになっていきます。

しかし、無闇やたらに建築を見たり手を動かすだけでは意匠の力はなかなか身につきません。独学でこれをやろうとすると相当な時間と経験が必要です。意匠設計の目を養うためには、1・実績のある意匠のプロから実践的に学ぶこと。そして、2・意匠のスキルアップに効果的な手の動かし方、発想の仕方を訓練することが必要です。さらに、3・ 自分の強みを見つけて設計に活かすための方法を知り、実践することも大事です。デザインファームラボでは、この3つを徹底してサポートします。

だから、
デザインファームラボでは
短期間で意匠設計のスキルアップができます!

なぜ短期間で 意匠設計力が身につくのか

デザインファームラボ5つのポイント

  • 設計スタイルを確立する

    現役の建築家が丁寧に指導

    意匠設計の「視点」を養い設計に自信がもてる

    意匠設計のプロである現役の建築家が、常に意匠の視点で指導を行います。建築家の視点に触れ続けることで、どこに着目すればもっと良い設計になるかを判断できるようになり、結果として自分の設計にも自信を持てるようになります。

  • 発想力を鍛える

    目標に合わせた個別カリキュラム

    転職や独立に必要なポートフォリオ制作もサポート

    設計課題として設計する建物は、それぞれの目標やレベルに合わせて個別に設定します。一人一人に寄り添った進め方ができるので、無理なく課題を続けることができます。また「転職用のポートフォリオを作りたい」「施主へのプレゼン資料まで制作したい」といった様々なご要望に応えることも可能です。

  • 建築学校授業風景

    選ばれるための考え方を伝授

    時代に合った設計でお客様から選ばれるようになる

    デザインファームラボでは、実践的な設計の授業だけでなく、お客様から選ばれるための考え方を講義形式でお伝えしています。時代の流れや価値観の変化を敏感にキャッチし設計に活かすことで、施主も自分も満足する設計ができるようになります。

  • 建築模型

    仕事をしながらでも通いやすい授業日程

    1年間じっくり設計に向き合える

    意匠設計力をアップするには、常に意匠の視点に触れてその感覚をつかむ必要があります。受講後もしっかり自分の力で設計ができるレベルまでスキルアップしていただくため、デザインファームラボでは受講期間を「1年間」と通常の設計講座よりも長めに設定しています。授業日は隔週日曜日と仕事をしながらでも通いやすいので、無理なくじっくり建築と向き合うことができます。

  • 建築学校授業風景

    創立28年の実績

    同じ目標を持った仲間と高めあえる

    この講座には設計事務所勤務、独立間もない建築家、現場監督、職人など様々な建築経験者が集まります。また主催するデザインファーム建築設計スタジオは、創立から28年間意匠設計の世界へ卒業生を送り出してきた実績があります。クラスメイトだけでなく卒業生や他のクラスの学生との交流もさかんです。講師も含め、皆「建築が好き」という共通の思いがあるため自然と意識を高め合い、建築がより楽しくなります。

建築家としても、指導者としても実力ある講師が手厚くフォローします

最長6時間!たっぷり相談できるエスキースチェック

午後の授業時間はほぼ設計のエスキース(設計検討)チェックを行います。一人ずつじっくり時間をとるので、進めながらいつでも相談することができます。

厳しい批判はなし!個性を伸ばす指導

批判的な意見を一方的に述べる指導ではなく、その人の個性や良いところを伸ばすことを意識し、一緒に作品を作り上げる雰囲気で授業を行っています。

模型が作れなくてもOK!臨機応変な個別対応

実務はで模型を作ったことがないという方には、模型の作り方のレクチャーなども行います。他にもご要望に合わせて臨機応変な対応が可能です。

就職先、仕事の相談!卒業後の進路も常に相談可

実際に依頼された仕事の相談や、転職先の相談なども常時受けつけております。卒業後もいつでも相談にいらしてください。講師がお待ちしております。

あなたの設計力を確実に伸ばす!
経験豊富な意匠専門の講師陣

講師歴20年 海外での設計経験も豊富
戸建てから集合住宅まで多数手がける建築家

日比生 寛史
HIROSHI HIBIO

日比生寛史建築計画研究所 主宰

講師インタビュー

素材使いに長けた設計
美しい建築を作り上げ、探求する建築家

村上 太一
TAICHI MURAKAMI

村上建築設計室 主宰

講師インタビュー

長所をひろい伸ばす
豊富な知識と確かな指導力

石塚 正之
MASAYUKI ISHIZUKA

建築コーディネーター
デザインファーム建築設計ラボ担任

講師インタビュー

「自分らしい」設計ができるようになる特別カリキュラム

演習チュートリアル/即日課題(初回)

初回の授業で設計課題の内容を担任講師と相談する「チュートリアル」を実施します。一人一人じっくり時間を取り、今のスキルや今後の目標をお聞きして最適な課題を設定します。 また、初回には即日課題も行います。現在の設計スキルを確認するための課題なので、この段階ではうまくできなくてもOK!まずは自分自身のスキルを確認し、今後伸ばすべきところを確認しましょう。

初回にしっかり目標を決めて、それに向けて効果的な設計課題を設定します。中には実際に仕事で取り組んでいる案件を持ってきて課題にする方もいらっしゃいます。

演習設計課題1(全12回)

半年間かけて1つの建築物を設計します。設計内容は「住宅」「公共建築」など個々の目標やレベルにあわせて設定。授業日までにスケッチや図面、模型などを使って設計を進め、毎回の授業でエスキースチェックを行います。授業の中では、どんな空間を作りたいか、そのためにはどこに気を使えば良いか、講師が一人ひとり丁寧に時間をかけてアドバイスします。4ヶ月ほどで基本設計を完成させ、その後2ヶ月でプレゼン用のポートフォリオなどを制作します。

とにかく模型をたくさん作ります。それまでは模型を作ったことがなかったので、立体で設計するという考え方は目からウロコでした。進めるうちにどんどん建築が好きになっていったのは先生のおかげだと思います。

設計課題のすすめ方

1・敷地分析

課題として与えられた敷地を実際に見に行き、周辺環境を分析します。敷地の特性をいかすためにはどこに着目すれば良いのかを考えます。

2・エスキース(設計検討)

課題の条件に対して、「どんな空間にしたいか」をスケッチや模型などを使って立体的に表しながら検討します。スケッチや模型は下手でも良いので、まずは立体でどう感じられるかを目で確認しながら設計します。

3・エスキースチェック

自分で進めてきた設計を、今度は講師と一緒に共有しながらさらに進めていきます。イメージに近い空間を写真で見せたり、細かいディテールのテクニックなども、現役の建築家講師が丁寧にお伝えします。この後、2と3を繰り返しながら少しずつ建築を形にしていきます。

4・中間発表

ある程度設計が固まってきたら、クラスメイトの前で中間発表を行います。自分の設計が他者からどう見えるのか、共感してもらえるのか、悩んでいるところなどについて意見を聞いてこの後の設計に反映させていきます。

5・発表講評会

中間発表での様々な意見を反映させながらさらにエスキースを繰り返し、最後は模型と図面を使って完成した設計の本発表を行います。

演習イメージを形に(短期課題・全5回)

メインとなる設計課題の合間に、発想力を鍛えるための短期課題を数回行います。「水」「音楽」「光」など、抽象的なものをテーマにして、出題から数時間で建築を設計します。普段のリアルな建築とは全く違う角度から空間を考えることで頭が柔らかくなり、メインの設計にも役立てることができます。

普段考えたことのないテーマで設計をするので最初は難しく感られるかもしれませんが、頭を柔らかくすることで新たな気づきがああり、決まりきった設計では感じられない建築のおもしろさを見つけることができますよ。

講義意匠の視点から見る建築史(全3回)

歴史的な建築には、良い設計のお手本となる要素がたくさん散りばめられています。意匠設計のヒントとなる空間づくりを歴史から学ぶために、日本建築史、西洋建築史、近代建築史を「意匠」の視点で講義します。

建築史がこんなに面白いとは思いませんでした。今の設計にも通用するような要素がたくさんあり、毎回食い入るように先生の講義を聞いています。

講義自分の建築観を深める建築分析(全3回)

有名建築や歴史的な建築などを様々な角度から分析してディスカッションします。分析を通じて自分の建築に対する考え方が深まり、またクラスメイトや講師から自分と違う意見を聞くことで、さらに自分の立ち位置や価値観が見えるようになります。

演習即日課題

半年間学んだところで、もう一度即日課題を行い今の設計力を確認します。さらに半年間の目標を講師と一緒に立て、次の設計課題の内容を決めていきます。

演習設計課題2(全12回)

残りの半年間で2つめの設計課題に取り組みます。前期の内容に加えてさらに条件を厳しく設定したり、全く違った用途の建物を設計するなど課題の内容はここでも個別に決めていきます。こちらも前期と同様に基本設計の発表〜ポートフォリオまでを制作します。

演習イメージを形に(短期課題・全5回)

前期とは違ったテーマで短期課題を行います。ここでも頭の体操になるような課題を出題し、発想力を鍛えて通常の設計課題に活かします。

講義マーケティングを活用したキャリア戦略(全5回)

プロとして今後もずっと建築の世界で求められ続けるためにはどんなことを考えなければならないか、マーケティングの知識を利用したキャリア戦略の授業を行います。転職を考えている方にとっては「自分自身の売り込み方」、設計事務所や工務店を経営されている方にとっては「他社との差別化」の方法や、個々の強みを発見する方法をマーケティングと心理学の専門講師が伝授します。

プロの方にこそ知ってほしい「時代の流れ」と「自分らしさ」の見つけ方をお伝えします。自分の強みを見つけて伸ばすことで、意匠設計を仕事として長く続ける秘訣がわかってきますよ。

講義意匠の現場について(全4回)

意匠の第一線で活躍する現役の建築家が、設計事務所の実務の進め方や意匠設計事務所に必要な知識をお伝えします。意匠の現場にいないとなかなか知ることのできない生の声を聞くことで、転職や独立に役立てることができます。

現場の生の声が聞けるのはとても貴重でした。少人数制なので大きな講演会などでは聞くことができないようなリアルな話もしていただけるので、実務にそのまま役立てることができました。

スケジュール

授業は仕事をしていても通いやすい隔週日曜日に設定しています。授業日は、午前中に講義、午後に演習を行い、1日を通して建築とじっくり向き合うことが可能です。講義の内容は前期に実学系、後期に教養系と学びの種類をかえ、1年間を通してすべてのプログラムを修了とします。

卒業生のいま

卒業生は、技術系から意匠系事務所への転職、独立や独立後の設計スタンスの確立や工務店のデザイン力アップなどを果たし意匠設計の世界で活躍しています。

現場よりの仕事から、意匠設計一本に絞り「建築家」へ転身

工藤 健志
TAKESHI KUDO

建築設計事務所 RENGE 主宰

受講後「デザインのできる工務店」として新築の受注が急増

前田 哲郎
TETSUO MAEDA

株式会社前田工務店 代表

デザインファームラボの受講費用

延長・再受講をご検討の方へ

卒業後、再度受講していただくことも可能です。延長・再受講の場合は受講料を3割引とさせていただきます。

よくあるご質問

受講について

「建築の実務経験」とはどの程度の経験があれば良いのでしょうか?開く

基本的な図面(1/100程度の平面図・立面図・断面図)の読み描きができる方でしたら問題ありません。初心者対象クラスでは、図面の線の描き方や道具の使い方を1からお教えする建築基礎の授業、構造や法規といった技術の授業がありますが、デザインファームラボでは意匠設計の授業のみを行います。「意匠」に絞って学びたい方にオススメの講座です。クラス選択についてご不明な場合は、説明会にお越しいただき講師へご相談ください。

どんな方が受講していますか?開く

受講される方のお仕事は様々ですが、設計事務所、工務店、ハウスメーカー等で設計や施工監理の経験がある方、すでに独立して設計事務所を構えている方、小規模の工務店を経営している方、大工さん、建築の技術派遣に登録している方、など建築の中でも技術系のお仕事をされている方が比較的多くいらっしゃいます。受講前は周りのレベルについていけるか不安に思われる方も多いですが、課題そのものはそれぞれの目的やレベルに合わせて進めますのでご自身のペースで進めることができます。

授業はどんな雰囲気で行われていますか?開く

どんな小さな質問でも気にせずできるよう、とても和やかや雰囲気で行っています。エスキースチェック(設計相談)は一人一人順番に行いますが、何人かで集まってそれぞれの意見を聞いてみたり、どうしたらもっとよくなるかを講師と受講生が一緒になって考えていくこともあります。

模型を作ったことがない、作り方がわからないのですが大丈夫でしょうか。開く

設計課題は、基本的に模型やスケッチなど立体がイメージできるもので検討を行っていただきます。模型を作ったことがない、スケッチが苦手な方にも講師が個別に指導いたしますのでご心配ありません。受講前に、個々の設計スキルや目標について講師がしっかり確認し、それぞれのレベルにあった授業の進め方をご提示いたします。

授業に出られない日はどうすれば良いでしょうか。開く

設計課題については個別指導となりますので、欠席の場合は次回出席された際に2週分の時間をかけてチェックするなどで対応が可能です。講義や短期課題については補講日は特別に設けておりませんが、臨機応変に対応いたしますので都度ご相談ください。

遠方から通われている方はいますか?開く

毎回、遠方から通われる方がとても多くいらっしゃいます。これまでに、北海道や九州など、飛行機を使って隔週日曜日に受講される方もいらっしゃいました。

受講費用について

受講費用を分割払いにすることはできますか?開く

分割納入も可能です。「日本政策金融公庫(旧・国民生活金融公庫)」または「信販会社」のどちらかをご利用頂いています。詳しくは、講座説明会またはお電話にてお問い合わせください。

デザインファームラボ説明会

デザインファームラボの授業内容や、目指せることなどについて担当講師がご説明します。また、個々の現在の悩みや目標をお聞きしながらデザインファームラボをどのように活用できるか個別にお話する時間も設けております。自分のレベルや経験でこのクラスについていかけるか不安、という方もぜひ一度ご相談においてください。当日は授業見学も可能です。

デザインファーム建築設計ラボ説明会
日時 ※現在は個別にご相談を承っております。下記の「日程リクエスト」ボタンからお申込みください。
場所 デザインファーム建築設計スタジオ
東京都中野区新井1-6-5 エサレス中野2F(JR中野駅 徒歩8分)
アクセス >
参加方法 下記のフォームよりお申込みください。

5年後、10年後も設計で生きていくために。

設計で生きていく。それはつまり、常に求められ続けなければならないということです。好きなものを極めるのは、ものづくりをしていく上で大切なことではありますが、それだけでは5年後、10年後も世の中に求められ続けることはできません。時代の流れや人の価値観の変わり方を読み取り理解すること、その上で自分のオリジナリティやスタンスを確立させることは、意匠設計者として重要なことです。そして今、時代は潮目の変わり時を迎えています。時代の流れに解答を出す試みは、決して簡単なことではありませんが、意識するとしないとでは今後の建築家としての在り方に大きく影響することでしょう。このプログラムを通して、そのような気持ちを持ち、求められ続ける設計者になってほしいと考えています。デザインファーム建築設計スタジオ代表・牧野 徹

デザインファームラボへのアクセス

デザインファーム建築設計スタジオ

〒165-0026 東京都中野区新井1-6-5 エサレス中野2F
JR中央線 中野駅 徒歩8分

TEL:03-3387-0595
E-mail:df@designfarm.org