ブログー建築家への道ー | デザインファーム | デザインファーム建築設計スタジオ

デザインファームBLOG ー建築家への道ー

記事一覧

体験授業 「現代図書館建築 -本と人との交わりの場- 」

数ある公共建築の中でも図書館はもっとも身近な施設です。

劇場や博物館も公共建築ですが、図書館は入館料を払う必要がありません。

そして好きな本や雑誌を眺めながら何時間でも過ごすことができます。

反面、図書館はしゃべっているとしかられる場所であり携帯電話も使えない場所です。

ただ単調に書棚がズラッと並んだだけの室内も、何となく退屈だったり威圧感があったりします。

公共性が高くニーズも多いのにもったいないなあと感じることも少なくありません。

一方、楽しくて親しみやすくて何時間でもいたくなるような、普通と少し違う図書館にも

今まで何度か出会ってきました。

今回はそれらの中からいくつかを選んで体験授業で紹介してみました。

a0092994_16172611.jpg

続きを読む>

体験授業 「現代教会建築 -人と光が溶け合う空間-」

11月25日は僕にとって二度目の体験授業を行いました。

今回は二軒の教会建築を紹介しました。

アメリカの建築家スティーブン・ホールが設計したシアトルの聖イグナティウス教会と、

オランダのアルド・ヴァン・アイクがハーグに設計したローマ・カトリック教会です。

近代・現代の教会建築には数多くの印象的な作品があります。

鉄やガラス、コンクリートなどの新しい素材を生かし、そして新しい構造技術を

ふんだんに用いながら、いにしえの組石造の時代ではとうてい作り得なかった

斬新な形態を生み出した教会が多く建てられています。
そんな中で僕はいつも、ホールとヴァン・アイクの建てた小さな教会に

ひときわの愛着を感じます。共に小さな平屋建ての建物ですが、

テクノロジーや新素材に傾倒しすぎることなく、大変美しくて優しい内部空間を

創り出しているからです。

a0092994_11591115.jpg

続きを読む>

11/29 体験授業予告 -現代図書館建築-

今週は体験授業が続きます。

今日は次回の内容についてほんの少しご紹介・・・

a0092994_12212118.jpg

続きを読む>

体験授業 「女性建築家ジュリア・モーガン」

11月15日、学校説明会のあとに体験授業を行いました。30分間程度の時間を使って、ふだん行っている講義の一端を体験していただくという試みです。今夜は僕にとって今年度初めて担当する体験授業でした。
限られた時間で一つのテーマを語る。そしてそのテーマには、デザインファームで日頃僕らが大切にしていることが少しでも多く反映されてほしい。そんな条件の中で僕が選んだテーマは、建築家ジュリア・モーガンの作品をスライドで紹介することでした。

a0092994_15403460.jpg

続きを読む>

小高由紀子さん講演会 -住宅を作る、ということ-

去る10月27日、デザインファームの教室にて本校主催の講演会を開催いたしました。

講師を勤めて下さったのは新進建築家の小高由紀子さんです。

一級建築士事務所AterierODKを主宰なさっております。小高さんは写真やスケッチなどの

美しいスライドを多数用いながら、住宅を中心とした設計活動のお話をたくさん聴かせて下さいました。

a0092994_19475647.jpg

続きを読む>