デザインファーム > 【特集】建築家になるために必要なことは?

建築家へのステップ

未経験から建築家になるためには、どのようなステップを踏めばいいのでしょうか。
一般的なステップと、そのためにデザインファームでできることを解説します。



ステップ1:学校で建築の基礎を勉強する

建築の基礎を勉強しないまま設計事務所には入れません。 求人票に「未経験OK」とある場合の「未経験」とは、「実務の経験」という意味で使われていることがほとんどです。 大学、専門学校では2~4年間様々な建築の基礎を学びます。

デザインファームでは

  • 意匠設計の実務を学ぶ。
  • 設計事務所に就職するために必要な技術、知識、建築家として自立するために必要なものごとの考え方を身に着ける。
  • 設計事務所に勤めるOBや建築家とのつながりをつくる。
次のステップのために行うこと:オープンデスク 就職活動

※オープンデスク・・・設計事務所の仕事を一定期間経験できる制度

ステップ2:設計事務所に就職

この段階では建築士の資格の有無よりも、実務への対応力が問われます。 大学や専門学校からは、建設会社や不動産会社の設計部への就職が多くあります。 建築家のアトリエ事務所への就職は狭き門。

デザインファームでは

  • 建築家のアトリエ事務所への就職をめざしたカリキュラムなので就職先はほとんどがアトリエ事務所。
  • 実務を学んでいるので就職後の対応も早い。
  • アトリエからアトリエの転職でもOB同士のつながりを利用できる。
次のステップのために行うこと:営業力を身に着ける、人脈をつくる、建築士の資格を取得する

ステップ3:建築家として独立、開業

建築家として開業するときまでに建築士の資格を取得します。 自身で仕事をとってくるためには、営業力が不可欠です。 ひとりの建築家として、しっかりとしたスタンスを確立します。 また、組織のボスとして経営やマーケティングに関する知識もある程度必要になってきます。

デザインファームでは

  • 独立してから必要なマーケティングのセミナー開催や、建築家同士の人脈づくりが可能
  • 開業後の業務のサポートなどで、独立後も学校を利用することができる。

建築家になるために必要なこと

では、今度は建築家になるためにどんな能力を身に付ける必要があるかをみていきましょう。

テクニック

初めに必要な、そして就職に必要な「テクニック」
意匠設計事務所で働くために必要な建築技術の知識、図面の描き方、模型の作り方、立体を把握する能力。これらは 主に手を動かす能力です。
重要なことは立体を把握する力。図面も模型も、大きく複雑な立体である建築を伝達するための手段です。
立体がイメージできないまま描く図面はただの絵です。 また建築技術の知識も、知らなければ設計も図面も作成できません。

「テクニック」を養うためにデザインファームで取り組んでいること

  • 設計課題も技術図面も模型を多用し、まず立体を理解するところからはじめる
  • すべての講義、カリキュラムは意匠設計の視点から構成

デザイン

経験者として磨きをかけるには「デザイン力」
建築デザインは、ひらめきよりも訓練と経験がものをいいます。1%のひらめきを支える大きな引き出しと言い換えてもいいかもしれません。 そして要素の多い建築物をデザインする集中力と持続力が必要になります。また図面やパース、模型をうまく言葉で補い説明する必要があります。 またクライアントからの要求をうまく聞き出すコミュニケーション能力も必要です。

「デザイン力」を養うためにデザインファームで取り組んでいること

  • 課題を通じてデザイン力と集中力、持続力を養えるような設計課題の進め方
  • 設計課題の中間発表、最終発表でコミュニケーション能力を高める
  • ポートフォリオ作成による表現力
  • 通常の授業に加え、合宿などでのディスカッション

スタンス

自立した建築家になるための「スタンスの確立」
建築家として独立するときに必要な、表現者としてのスタンスを自覚整理し、コントロールする能力。 独立する際には、ひとりの建築家として何を大事に設計活動をしていくのか、表現者として、経営者として、軸をもたなければ、お客様はついて きてくれません。学生のうちから、軸となる考え方や方向性について意識しておく必要があります。

「スタンスの確立」のためにデザインファームで取り組んでいること

  • 個性を自覚し磨く課題
  • 様々な年齢の価値観と交わる
  • 講演会、オープンデスク、オープンハウス、OBとの交流などプロの価値観に触れる

ポートフォリオ

自分をアピールするためのツール
自分はこんなことができる、こんな考えをもった人間である、ということを知ってもらうためのツールです。主に学生時に設計 した課題をまとめて、設計事務所での面接の際に見てもらうことになります。また、独立した際には、自分がどんな設計をする建築家なのかをクラ イアント候補にアピールするためにポートフォリオをつくります。

デザインファーム建築設計スタジオでは、2年間でこれらの能力を身に付け、ポートフォリオを制作することで、未経験からでも意匠設計事務所へ 就職することができるようにカリキュラムを組んでいます。

このように、未経験から意匠建築を仕事にするためには、まず、現場で必要とされる能力を身に付けることが必要です。そして、設計事務所で実務経験を重ねながら自身の建築に対する考え方を固め、資格を取得することで一人の建築家として独立することができるのです。