デザインファーム > 卒業生の声 > 織田 遼平

織田 遼平さん

施工監理職からアトリエ設計事務所へ転職

織田 遼平さん

入学前:分譲住宅メーカー勤務
25歳 で昼間部(建築)入学
勤務先:彦根建築設計事務所

大学の土木工学科を卒業後、分譲住宅メーカーで施工監理の仕事に就く。そこで設計の仕事に興味をもち、デザインファーム昼間部へ入学。 現在は彦根建築設計事務所で住宅設計に携わっている。

デザインファームには自分から何か吸収しようと思っている人たちが集まっている

現在のお仕事は?
オープンデスクに通っていた事務所で
手が足りないところにちょうど物件の依頼がきたらしく
その物件を担当してほしいということで在学中に就職が決まりました。
ちょうど先日その物件の地鎮祭がおわって、これから現場監理がはじまるところです。
プランニングから申請、実施設計など一通りやらせてもらった住宅なので
竣工がたのしみです。
他にもう1件木造住宅を担当しています。
建築家になろうとおもったきっかけは?
幼なじみのお父さんが大工をやっていて、子どもながらに大工に憧れていました。
そんなことを大学進学のときに思い出して土木学科と建築学科を受けて
結果的に土木に受かったんですけど。あまり違いがわからなかったのでそのまま進学して。
大学ではゼネコンなどに就職する人が多かったけど
自分はやるなら建築とか住宅のほうがいいなと思って分譲住宅メーカーに就職しました。
そこでは施工監理をやっていて、木造の家を造るプロセスを学ぶとても良い経験になりました。
でも、そこでお世話になった設計部の人に影響を受けたり、
せっかく住宅に関わるなら大元の設計をするところで働けた方が楽しいだろうなと思って
転職を考えたのが最初のきっかけですね。
やらされてやる仕事より、自分からやりたくてやる仕事をしたいって。
デザインファームに来るまでは、設計事務所の仕事もよく知らなくて
建築家の名前もほとんど知らなかったけど、ここに来て建築が好きになって
アトリエでの仕事を考えるようになりました。
デザインファームで学んだことは?
今の事務所に声をかけてもらったきっかけが自分が作った模型だったんです。
学生のときは、とにかく模型をたくさん作っていたから
自分でも模型には自信がありました。
オープンデスクで模型を作っていて、それが所長の目にとまって
結果的に声をかけてもらえたんですけど
それがすごく大きいです。
それから、建築を好きになれたのはデザインファームのおかげです。
プロとしての今後の目標は?
近の目標は、今担当している物件を無事に竣工まで見届けることです。
今後は、今の事務所でもっといろんな物件を担当して一通り経験をつむことですね。
複雑な条件やいろいろなケースの依頼があるので
そうゆう中でプランニングを経験していきたいです。
最後に、後輩たちに一言
デザインファームのいいところは、
自分から何か吸収しようと思っている人たちがあつまっているところだと思います。
僕は、ここにくるまでずっと流れに身をまかせて、あまり深く考えずに普通に進学して就職してきました。
でも働いてみて自分のやりたい事をやろうと思うようになりました。
そういう意志をもってみんなが集まっているから
建築を楽しいと思えるようになったし、そのおかげで今こうして設計事務所で働けています。
ちょっとでも前の僕みたいな人がいたら、頑張って目標を叶えてほしいなと思います。
2012年12月取材