デザインファーム > 卒業生の声 > 土屋 なつみ

土屋 なつみさん

営業職から設備設計事務所へ転職

土屋 なつみさん

入学前:会社員(営業職)
27歳で夜間部入学
勤務先:ヤマダ マシナリー オフィス合同会社

「手を動かして覚えたこと」は、今の仕事に活かされている。

現在のお仕事は?
設備設計事務所で、主に住宅や施設などの給排水衛生設備・空調換気設備や電気設備の計画をしています。今は建築家の設計した住宅や別荘などを中心に十数件の物件を担当しています。仕事は忙しいですが、設備という専門分野からさまざまな建築に携わることができ、充実しています。
建築家になろうと思ったきっかけは?
もともと営業の仕事をしていたのですが、この先もずっと働いていくという事を改めて考えてみて、今の職業でいいのか、という疑問を持ちました。なにか新しいことを始めようと思ったときに、営業職で得た経験や自分の得意分野を活かしたくて。相手の「こうしたい」という抽象的な要望に、具体的な提案で応える事が得意だったので、それが設計の仕事に繋がるのではないかと思い、建築の道に進む事を決めました。
デザインファームで学んだことは?
実際に手を動かすことです。デザインファームの授業では座学よりも、図面を描いたり、模型をつくったりする事が多く、「手で覚える」といった感じでした。そこで得たものは今の仕事に活かされています。特に1年生で取り組んだ、軸組模型制作の授業は、実務で必要な知識がつまっていて「やっててよかった!」と思います。
学校と仕事を両立させる秘訣は?
周りの人に学校へ通っていることを宣言する!特に職場の人から理解して協力してもらうことで、学校のある日はできるだけ早く退社し、授業に集中することができました。
プロとしての今後の目標は?
まずは設備の知識を身につける事が当面の目標です。設備設計の立場から、建築をより良くしていけるような提案ができれば、さらに仕事が楽しくなると思います。
最後に、後輩たちにに一言
「何をするか」よりも「誰と働くか」が大事だと思います。なぜなら、仕事は一人でするものではありません。必ず誰かと関わります。激務であっても、周りの人が助けてくれる環境であれば頑張れるだろうし、逆に楽にこなせる仕事であっても、周りとのコミュニケーションがあまりない職場だったら次第につまらなくなってしまうはずです。それが職場との相性であったり、仕事を楽しくできるかどうかの大きな部分を占めるんじゃないかと思うんですね。
ぜひ色々な人と関わるオープンデスクを活用し、事務所の作風だけでなく、自分の肌感覚で就職先を見極めてみてください。
2011年1月取材