デザインファーム > 卒業生の声 > 渡辺 学

渡辺 学さん

現場監督からアトリエ設計事務所へ転職

渡辺 学さん

出身地:千葉県
24歳で昼間部(建築)入学
勤務先:株式会社レーモンド設計事務所

設計というのはその人の人柄、中身も出てくるものだと思う

現在のお仕事は?
今の事務所に勤めて5年になります。事務所は組織設計事務所で、設計部は5つあります。自分はその中の第5設計部に所属しています。以前はホテルを中心に仕事をしていましたが、現在はマンションを2つ担当していて、ひとつは実施設計・確認申請が終わり、これから現場が始まるところです。もうひとつは基本設計をやっているところです。
建築家になろうと思ったきっかけは?
子供の頃から、自分の家を自分で建てたい、という思いがありました。僕が子供の頃、父は建築家ではないのですが、自分でプランをつくり、建築家に頼んで家を建てていました。その影響があったんだと思います。高校生のころ、「子供のころからの自分の家を建てたい」という思いと、「アート」と「工学」が融合したものとしての「建築」に魅力を感じて、建築学科への進路を決めました。
しかし、大学で行っていた授業や設計課題にはあまり面白味を感じることはできませんでした。設計やデザインについては他に学ぶところがあるんじゃないかと思っていました。(デザインファームの存在はその頃知りました。)なので、大学では設計・デザイン以外の事を学ぼうと考えていました。大学を卒業したあとは、自分の中で2年という期間を区切って、ゼネコンに就職して、現場監督として働きました。現場で働こうと思ったのは、設計を学ぶ上でも現場を知らなければ良い設計はできないと感じていたからです。現場監督として働くことにより、現場の流れ、建物の作り方、人との関わり方などを学びました。そして、2年後にデザインファームに入学し設計・デザインの勉強に集中しました。
デザインファームで学んだことは?
大学で学んだことよりも実務に近い技術・デザインを学べたと思います。就職した後もここで学んだ知識や技術などが活きていると思います。今の事務所に入ってもやっていけているのがその証拠だと思います。
プロとしての今後の目標は?
将来的には独立して自分の事務所を持ちたいと思っています。今の事務所ではまだ大きな物件しかやっていないので、住宅など小さな物件もやってみたいと思っています。
最後に、後輩たちに一言
建築の勉強も大切ですが、設計というのはその人の人柄、中身も出てくるものだと思うので、人生を豊かにするものを見たり、聞いたり、体験して欲しいです。
2010年12月取材