デザインファーム > 卒業生の声 > 神尾 豪

神尾 豪さん

エンジニアから設計事務所へ転職

神尾 豪さん

入学前:会社員(エンジニア)
28歳で 土曜部入学
勤務先:建築設計事務所

情熱的に建築を語る人がこんなにたくさんいる。

現在の仕事は?
木造3階建住宅の意匠図から構造図すべて描いています。基本的なプランは所長とお客さんで決め、内部の詳細や仕様などは、スタッフがお客さんと打合せをしながらどんどん決めて行きます。月に2棟の確認申請許可が下りるようなペースで仕事を進めているので、準備をしている1棟を加えると、月にだいたい3棟分の図面にかかわっています。
建築家になろうと思ったきっかけは?
もともと大学へ進む時に、橋とか道路とかを造る土木関係を志望していました。ですが、実際には物理関係の方へ進み、卒業後はエンジニアとして働いていました。しばらく働いているうちに、もっと人に近い仕事、人の生活に欠かせない部分の仕事がしたいな、と考えるようになりました。大学時代に建築に興味を持ち始めていたこともあり、衣・食・住のうち、「住」に挑戦しようと思いました。
デザインファームの夜間部・土曜部を選んだ理由は?
働きながら学べるためです。
デザインファームで学んだことは?
情熱です。一緒に学んだクラスの人たちや先生方が、本当に建築を好きなんですよね。この学校に来て初めて、情熱的に建築を語る人たちがたくさんいるところに身を置くことになりました。建築に関する知識がなくても、同じように学んでいる学生同士が、それぞれの思いを語り合うことは大切なことなんだと思いました。
学校と仕事を両立させる秘訣は?
課題をやる時間を決めることでしょうか。
プロとしての今後の目標は?
自分で事務所を主宰することです。エンジニアとしての仕事を辞め、建築の世界に入ったときから、どこかに所属し、ずっと勤めるようなイメージはありません。会社に所属しないことでのいろいろなリスクはあるかもしれませんが、実現し、そして継続したいです。
最後に、後輩たちに一言
やると決めたら、始めてみること。建築の仕事へ転職するにしても、現在の仕事を続けるにしても、一旦、決断をしたら、これで良かったんだと信じること。状況を楽しんだ方がいいと思います。人生楽しい方がいいですから。
2010年2月