ブログ建築家への道

ブログー建築家への道ー

デザインファーム > 2013

記事一覧

【建築家のための戦略&マーケティング vol.4】

a0092994_16391643.jpg

4. “理想のお客さま(ターゲット)”はどこにいる? その1

「“理想のお客さま(ターゲット)”は、これでいく!」と決めたら、その人たちにまずは知ってもらうための打ち手が必要です。知ってもらわないことには始まりませんから。

効果的に自分を知ってもらうには?
今行っているDMや広告やイベントなどに“理想のお客さま(ターゲット)”はどのくらいいるのだろうか?
それよりも、もっとたくさん集まっている場所はどこだろう? 続きを読む>

2013年度 「OBは語る」

デザインファーム恒例イベント「OBは語る」が、12月8日(日)に開催されました。

今年の3月に卒業したばかりの人から、働いて数年経つ人、そして独立を果たした人まで計8名が今回のゲスト。

独身の人、結婚して間もない人、子育て真っ最中の人から子どもはもう成人したという人まで年齢も様々で、

それぞれの立場でのいろんな話を聴くことができました。

「夜の11時半に 『これ、やって』 というのはちょっと・・・。帰れないじゃん!」 という “設計事務所あるある”

的な話もあれば、仕事は忙しいけど待遇面は満足、という話もあり、建築設計といっても本当にいろんな事務所や

会社があるんだなということがよくわかりました。

a0092994_16503099.jpg 続きを読む>

【建築家のための戦略&マーケティング  vol.3】

3.なぜ“理想のお客さま(ターゲット)”を絞らなくちゃいけないの?絞ったら減ってしまうんじゃ・・・?の落とし穴

「“自分の強み”を一番理解してくれる“理想のお客さま(ターゲット)”は、きっとこんな人だ!」
来てほしいお客さま像が描けたら、その人が気に入りそうな写真を選んだり、プロフィールの詳細を書き替えたり、ブログのカテゴリも追加してみようかな?差し上げるポトフォリオも作り直そうか・・・。あれこれアイデアを考えているうちに、ふと不安にかられる瞬間があります。

「こんなに絞って、本当に大丈夫?」
「この人(理想のお客さま)が、もし来なかったらどうしよう?」
「ただでさえ建築家に頼む人って少ないのに、絞ったらますます減ってしまうんじゃ?」

続きを読む>

【建築家のための戦略&マーケティング  vol.2】

2.“理想のお客さま(ターゲット)”はとことん絞って考えよう!

「そうそう!こういうのがほしかったんです!」と言ってくれる、自分にとって理想のお客さま・・・マーケティングや戦略理論では“ターゲット”という呼び方をしています。この“ターゲット”という呼び方、個人的な感覚ですが私はあまり好きではありません。なのでここでは、“理想のお客さま(ターゲット)”という表現で進めていきます。
a0092994_16503012.jpg

続きを読む>

【建築家のための戦略&マーケティング vol.1】

a0092994_1519281.jpg

 

1.“あなたの強み”は何?“理想のお客さま(ターゲット)”は、どんな人?

設計事務所での勤務で実務経験を積み、建築士免許も取得して、親戚や友人から声がかかりいよいよ独立!そして記念すべき最初のプロジェクト(住宅がほとんどですね)が完成したら、その後は・・・?そうです。自分で仕事をとってこなくてはなりません。

仕事をとるには何をしたらいいか?多くの建築家、共通の悩みだと思います。あなたは今、どんなことをしているでしょうか。 続きを読む>

1 / 512345