デザインファーム > クラス紹介 > 在校生の声 > 植田 宗一朗

植田 宗一朗さん

自分が好き、と思うことを肯定するのは大事なこと

植田 宗一朗さん

鹿児島県出身23歳
入学前:大学生(水産学部)
クラス:昼間部建築コース2年生

建築を勉強しようと思ったきっかけを教えてください。
幼なじみのお父さんが大工さんで、小さい頃よく現場に遊びにいっていたんです。<br>
木材がいっぱいの中でネジの組み立てのバイトとかさせてもらって。それがすごく楽しくて、建築は小さいころから身近なものでした。
<br><br>
建築を仕事にしたいと思ったのは大学生の時で、きっかけは就活でした。水産学部だったので建築は関係なかったんですけど、もともと「暮らし」に興味があって。祖母が縫い物をしていたので、そういうのも含めて「暮らし」に関われたらいいなと。
<br><br>
そう思った時に、建築って暮らしすべてに関わっているなと思って。どうせ社会と関わるんだったら自分の納得いくものがつくりたい。それで、勉強し直そうと思いました。
デザインファームに入学してみてどうでしたか?
歩いている街の風景の見方が変わりました。なんでこんなふうに建っているんだろうとか、作る人の目線で見るようになりました。課題は大変だけど、毎回レベルアップしていくので、その度に自分の建築の見方も
変わっていって、多面的に建築を把握できるように課題が組まれていると思います。それと、デザインファームは先生が身近なのがいいなと。事務所のこととか授業以外のことばっかり聞いています。(笑)
<br><br>
授業がない日はバイトをするか建築を見にいったりしています。九州から出てきたんですけど、こっちで新しくサッカーのチームを探してそこにも参加したりしてます。時間が足りないです。
将来はどんな目標がありますか?
卒業したら、まずは設計事務所にいきたいです。建築の仕事だけじゃなくて、いろいろな取り組みをしているところもいいなと思います。もともと暮らし全般に関わりたいというのがあったので。自分も将来設計事務所を開いて、建築だけじゃなくていろいろなことを楽しみながら仕事がしたいです。
これから建築を学ぼうと思っている方へメッセージをお願いします。
建築を学んでみて、幅は広がったけど、根本の部分で「自分が好き」と思うことが変わらなかったので「自分が好き」と思うことを肯定するのは大事だなと思います。僕も自分を信じてがんばりたいなと思っているので、一緒にがんばりましょう。