デザインファーム > デザインファームとは > 講師紹介 > 水沼 均

水沼 均先生

専任講師 水沼 均

東京都生まれ
東京理科大学大学院修士課程工学研究科建築学専攻修了。渡辺明設計事務所、設計組織アモルフ、東京理科大学助手を経て、水沼均建築設計事務所 設立。その後、牧野徹とともにデザインファーム建築設計スタジオを設立

ていねいにていねいに少しずつステップアップ。気付いたらこんなに出来るようになっていた!

建築の設計って、ややこしくて難しそう・・・そんな風に心配する人がとても多いのではないでしょうか?それはとてももったいないなと僕は思います。 基本からていねいにていねいに、じっくり学んでいくと、「難しいな」と感じる暇もなくどんどん力がついていきます。入学して夏ごろになると「いつの間にかこんなことまでできるようになっていた!」と自分に対して驚く人が毎年多いんです。詰め込み式の教育を僕たちはやりません。やさしい課題からゆっくりと、習得しなければならないことを少しずつ無理なく増やしていくので、ややこしいことでも自然と覚えられるんですね。

優れた建築家は、模型を作って設計します。だからデザインファームでも模型をたくさん作ります。 課題がスタートすると間もなく模型を作り始めます。そして模型を常に横から覗き込んで、実際の完成形のイメージを固めていきます。こうするとどんなふうにすてきな建築にしたいかを常にリアルに体感することができます。 ここでいう模型って、ショールームに飾ってあるようなきれいなものではないんです。自分が確認したりイメージを作るものなので、きたなくてもゆがんでいてもOK。模型を作り、そして壊しながら時間をかけて何度も検討する。こうすると何の難しさも複雑さも感じることなく、とてもスムーズにすてきな設計ができるようになります。

確実に就職するために

建築家になるためには、学校を卒業したら設計事務所に就職する必要があります。 ところがこれがけっこう大変で難しい。就活では「ポートフォリオ」と呼ばれるマイ作品集を作って、それを建築家に見せて自分の優れた部分を強くアピールしなければなりません。 こうなると、誰か強力なアドバイザーがいて自分をよく知っていて、最後の最後まで面倒を見てくれないとなかなかやり遂げられないものですよね。そのアドバイザーがまさに僕たち講師陣です。授業で設計の仕方を教えるだけでなく、設計事務所への就職に必要な力量とプレゼンテーション能力を日頃から指導します。 図面のチェックをするときも、「ここ間違ってるよ」だけではなく、プロの建築家がその図面を見たときに「この人はよく理解して描けているな」と気づいてくれるようなポイントをたくさん伝えています。

小さな学校、だけど人と情報のネットワークは巨大

僕自身が大学の建築学科の学生だったとき、設計以外の科目があまりにも膨大で、設計の課題に時間を割くのにとても苦労しました。このままではとても建築家になったり設計事務所に就職したりはできないなと痛感しました。 もっと伸び伸び設計に集中して勉強したい!・・・その気持ちのままに、こんな学校があったらいいだろうなと思い作ったのがデザインファームです。創立して20年経ちましたが、その気持ちは今でもまったく変わっていません。

そしてこの考え方は間違っていませんでした。デザインファームで学んだ人たちへの建築設計業界からの評価がとても高いのです。建築家になるための設計教育に的を絞っているので、わずか2年間でとても高いレベルまで設計力を身につけることができるからです。 そして現在、多くの建築家のもとで、OBたちがデザインファームで学んだ経験を活かして日夜がんばっています。独立して設計事務所を構えているOBも数多くいます。デザインファームは小さな学校ですが、人と情報のネットワークは巨大です。このネットワークが、これから建築家をめざすあなたを支えてくれるでしょう。