デザインファーム > デザインファームとは > デザインファームヒストリー

デザインファームヒストリー

1992

開校

小さなマンションの一室から始まったデザインファーム。開校当初は畳の上でエスキース、スライドの授業。模型をつくり、そして図面を描く。それはまさに寺子屋のような状態でした。 小さな学校だから学生の数は少ないし、先生はいつもそばにいる。建築の話から旅の話、食べ物の話、お酒の話、人生の話と、つきることがありません。課題発表前には徹夜でただひたすら作品に取り組んで、発表が終われば打ち上げ。ちょっと照明を落として、音楽をかけ、落ち着いた雰囲気にすると、そこは昼間の教室とは別世界。ついついお酒もすすみます。年に一度の国内合宿。初めて訪れたのは、木曽、奈良井宿。

【当時の思い出】
最初の教室はマンションの4Fにある一部屋で、驚くほどゆっくり動くエレベーターでした。 階段を上がる方がはるかに早かった(笑)。

1993

開校翌年には海外合宿も計画されていきました。第一回海外合宿はイタリア。ローマ・フリープランツアーに、総勢11名で参加。自分たちで電車を乗り継ぎ、シエナやフィレンツェに8日間の建築の旅。自分の目で見て、体で感じて、空間を体験していきました。

イタリア合宿

夜間部、開講

【当時の思い出】
浴槽の上にふたをして、そこに青焼き機を置いていました・・・!

1994~1995

土曜部、開講

【当時の思い出】 外に飲みに行かないで、
教室でよく飲み会がありました。

1996~1998

建築家・堀部安嗣さんを迎え、初めての講演会を開催。以後、定期的に建築家の講演会を実施。

堀部 安嗣 氏

プロ向けのクラス、開講(現、日曜部)

【当時の思い出】
この頃の教室はビルの4F。
なのに、ビルにはエレベーターがない・・・
毎日いい運動でしたね。

2000

デザインファーム卒業生が初めて講師の一員に。

村上 春奈 先生
【当時の思い出】
教室に炊飯器を持ち込んで、
お昼にご飯を炊く学生もいました。

2004

学生設計優秀作品展、通称「レモン展」に初参加。

学生設計優秀作品展

住宅設計科、開講

2005

デザインファーム卒業生の講師が増えました。

木戸 彩子 先生

2006

デザインファーム出身の講師がさらに増え、にぎやかになりました。

梅沢 富士子 先生

2007

「OBは語る」第1弾、開催 卒業して第一線で活躍しているOBたちが、実務のことや就職活動のこと、在学中に考えていたことなどを後輩に語ります。 以後、毎年恒例のイベントになりました。

2010

建築家のバックアップと、工務店の設計支援を開始。実力のある卒業生たちの活躍の場をつくりたい。実務経験を積んで、ひとまわりもふたまわりも成長したOBのために。そして今の学生がOBに自分の夢を重ねることができるように。

コンペ
打合せ

かねてから念願だった昼間部学生の個人作業スペースを確保。これで、卒業設計の作業が一段とやりやすくなります。

2011

開校20周年

デザインファーム開校から20年。寺子屋から始まったデザインファームは少しずつ体制を整え、多くの卒業生を送り出してきました。時代も変わり、授業の中でもパソコンを使うことが当たり前になってきましたが、それでも授業の中心は、課題エスキース、模型作り、そして図面を描くことには変わりありません。相変わらず学生の数は少なく、すぐそばには先生がいて、とにかくたくさん話をすることが多い学校です。