デザインファーム > デザインファームとは

About

デザインファーム建築設計スタジオとは

数学が苦手でも、絵が不得意でも、30歳からでも。
建築意匠を仕事にするための、小さな学校です。

デザインファーム建築設計スタジオは、建築意匠のプロ、世に言う”建築家”になるための学校です。数学が苦手でも、絵が不得意でも、30歳からでも、建築意匠の分野に必要な「技術・知識・考え方」を身につけることで、建築家のもとで即戦力として働くことができ、将来建築家をめざすこともできます。あなたに必要なのは「建築が好き」その気持ちだけです。

建築家は
モノでコトをつくる仕事

建築は「モノ」と「コト」をバランスよく設計することが大切です。建物ができた時、住み始めた人の自慢はたいてい「モノ」について。材料自慢だったり、職人技の自慢だったり、その建築にしかない特別なモノやカタチの自慢だったりします。しかし、20年経ってまだモノについて語る人は少ないでしょう。20年経って「いい家なの」と自慢する人は、そこで起きた出来事や家族の関係について(「コト」)語ります。 建築家はその両方を実現してあげる仕事です。数十年経っても陳腐化しないその時代の本物のデザインでなければいけないし、クライアントと共感できる様々な出来事、そして出来事がつくる人と人の関係を作り出す建築であること。これを両立させるのが建築家です。

建築は好きですか?

デザインファームには、入学試験がありません。それには理由があります。建築設計を志すすべての人はその人にしか創り出せない「建築のタネ」を胸の奥に秘めています。それを探し出して育て上げるのが「建築農場」デザインファーム。たとえ試験でその人の長所や短所を見極めたとしても、そのことで建築設計の素質の優劣を決めることはできません。「建築のタネ」が多種多様であるように、設計への取り組み方も十人十色。デザインファームでは、「あなたにとっての建築」「あなたの設計作法」を大事に育ててゆきます。もし一つだけ私たちの学校に入学基準を設けるのなら、「建築が好き」という気持ち。それだけです。